【障害者】コミュニケーションが苦手~克服するための4つのステップ

※このサイトにはプロモーションが含まれています。

障害者 コミュニケーション 苦手

コミュニケーションは人間関係を築く上で不可欠なスキルですが、それが苦手な人も少なくありません。コミュニケーションが苦手な人が直面する課題とその解決策について考えてみましょう。

就労移行支援をお探しの方へ  
  
このページをご覧のあなたは、『働きたい。けど、働けない・・・。』 このような悩みをお持ちではないでしょうか?
 
『働けない』と思うことは、悪いことではないですし、あなたの努力不足でもありません。
  
自分の思いだけが先行し、少し立ち止まっているだけです。 必ず、あなたに合った仕事や職場が見つかります。
 
決してあせらず、さまざまな可能性を考えながら自分にできる仕事、職場を一緒にさがして行きましょう。
 
就労移行支援事業所は、事業所の雰囲気、スタッフの様子、支援内容など特徴がそれぞれ違います。
  
1つの事業所だけでなく複数の事業所を比較検討されることで、あなたに合った事業所を見つけることができます。
 
ここでは代表的な就労移行支援事業所をご紹介します。 
 
ウェルビー
welbe

・就労移行支援業界の大手!
・事業所エリア数 30、事業所108センターと最も多く展開しています。
・2022年度 就職者数973名、半年定着率 91.3%という驚異的な数字です。

ミラトレ

・就職率は全事業所で85%(全国平均53%)、定着率は90%
・臨床心理士や精神福祉士による専門的な講義も用意
・通院同行、主治医との状況共有、医師による就職許可の確認を行うので安心して訓練ができます。

ココルポート

・2022年度の就職者数は、ココルポート全体で709名、累計で3,258名
・週2日程度の通所からスタートOK!
・555種類以上のプログラムから、興味のあるものを選択可
・希望に応じて通院同行も可

コミュニケーション苦手者が直面する課題とその解決策

まず、コミュニケーションが苦手な人が直面する最も一般的な課題は、自己表現の困難さです。自分の意見や感情をうまく伝えられないと、他人との関係構築や情報の共有が難しくなります。これを克服するためには、自分の感情や考えを言葉にする練習が必要です。日記を書いたり、友人や家族との会話を通じて自己表現を練習することが有効です。

次に、他人とのコミュニケーションにおける理解の困難さも大きな課題です。他人の意見や感情を理解することが難しいと、コミュニケーションが円滑に進まないことがあります。これを克服するためには、他人の視点を理解しようとする姿勢が重要です。他人の意見を尊重し、異なる視点を受け入れることで、より深い理解とコミュニケーションが可能になります。

これらの課題を克服するための具体的なステップとしては、自己表現の練習、他人の視点を理解する姿勢の養成、そしてコミュニケーションスキルの向上を目指すことが挙げられます。

克服するための5つのステップ: 実践的なアドバイス

コミュニケーションの苦手な人が克服するための5つのステップを以下に紹介します。

ステップ1: 理解を深める

障害者の場合、その障害の種類や程度、それが日常生活やコミュニケーションにどのように影響しているかを理解することが必要です。何に困っているのか、どのようなことが苦手なのかを理解することが求められます。

ステップ2: 尊重する

相手の意見や感情を尊重することも大切です。異なる視点や経験を持つことは、それぞれの個性や特性を表すものであり、それを尊重することで相手との信頼関係を築くことができます。

ステップ3: コミュニケーションの方法を見つける

コミュニケーションの方法は人それぞれです。一方が言葉に困難を感じる場合、非言語的なコミュニケーション方法を探すことも有効です。また、コミュニケーション苦手者は、自分に合ったコミュニケーションのスタイルを見つけることが重要です。

ステップ4: 練習する

コミュニケーションスキルは練習によって向上します。具体的な状況を想定してロールプレイを行ったり、日常生活でのコミュニケーションを意識的に練習することで、スキルを磨くことができます。

ステップ5: フィードバックを得る

コミュニケーションは双方向のプロセスです。自分のコミュニケーションが相手にどのように伝わっているかを知るためには、フィードバックを得ることが重要です。相手からのフィードバックを受け入れ、それをもとに自己改善を図りましょう。

就労移行支援事業所での成功事例

ここでは、コミュニケーションが苦手な人が実際におこなった事例を紹介します。

まず、視覚障害者のJさんと、コミュニケーションが苦手なSさんのストーリーから始めましょう。Jさんは視覚障害のため、周囲の状況を把握するのが難しかったです。一方、Sさんは自己表現が苦手で、人前で話すのが怖いと感じていました。

彼らは共にコミュニケーションクラスに参加し、互いの課題を共有しました。JさんはSさんに、視覚障害者としての経験や困難を語りました。SさんはJさんの話を聞き、自分の感情や考えを言葉にする練習をしました。

時間が経つにつれ、Sさんは自己表現のスキルが向上し、Jさんは周囲の人々とのコミュニケーションがスムーズになりました。彼らは互いの成長を助け合い、共に克服することができました。

この事例から、コミュニケーションが苦手な人が成長するためには、理解、尊重、練習、そしてフィードバックが重要であることがわかります。それぞれの課題を理解し、尊重し合い、練習を重ね、フィードバックを通じて改善することで、共に成長することが可能です。

最後までお読みいただいた方へ

将来のことを考えると色々と不安になりますよね。でも、大丈夫ですよ。しっかりと就労移行の訓練と準備を行えば、自分の強みを活かした就職先が必ず見つかります。

障害や就職について、お悩みがある方は是非一度、各就労移行支援事業所までご相談下さい。 

ウェルビー
welbe

・就労移行支援業界の大手!
・事業所エリア数 30、事業所108センターと最も多く展開しています。
・2022年度 就職者数973名、半年定着率 91.3%という驚異的な数字です。

ミラトレ

・就職率は全事業所で85%(全国平均53%)、定着率は90%
・臨床心理士や精神福祉士による専門的な講義も用意
・通院同行、主治医との状況共有、医師による就職許可の確認を行うので安心して訓練ができます。

ココルポート

・2022年度の就職者数は、ココルポート全体で709名、累計で3,258名
・週2日程度の通所からスタートOK!
・555種類以上のプログラムから、興味のあるものを選択可
・希望に応じて通院同行も可