障害で仕事が続かない人へ ~上手くいくためのポイント

※このサイトにはプロモーションが含まれています。


自分自身、一生懸命仕事に取り組んでいたのに、何度も仕事が続かずに退職を選ばざるを得なかった。こんな経験、誰にでもありますよね?

「もう自分には向いた仕事なんてないのかな?」と悩んだことがある方、安心してください。同じような悩みを抱える多くの人が、このページにたどり着きました。

ここでは、障害を抱えながらも、仕事を続けるための貴重なポイントをご紹介します。将来の就職に希望を持ちたい方、ぜひお読みいただき、新たな一歩を踏み出してください。

就労移行支援をお探しの方へ  
このページをご覧のあなたは、『働きたい。けど、働けない・・・。』 このような悩みをお持ちではないでしょうか?

『働けない』と思うことは、悪いことではないですし、あなたの努力不足でもありません。自分の思いだけが先行し、少し立ち止まっているだけです。

必ず、あなたに合った仕事や職場が見つかります。決してあせらず、さまざまな可能性を考えながら自分にできる仕事、職場を一緒にさがして行きましょう。

就労移行支援事業所は、事業所によって訓練の雰囲気、スタッフの様子、支援内容など、それぞれ特徴が違います。

1つの事業所だけでなく複数の事業所を比較検討されることで、あなたに合った事業所を見つけることができます。

ここでは代表的な就労移行支援事業所をご紹介します。こちらの事業所を比較検討され、ベストな事業所を選んでくださいね♪

ウェルビー
welbe

・就労移行支援業界の大手!
・事業所エリア数 30、事業所108センターと最も多く展開しています。
・2022年度 就職者数973名、半年定着率 91.3%という驚異的な数字です。

ミラトレ

・就職率は全事業所で85%(全国平均53%)、定着率は90%
・臨床心理士や精神福祉士による専門的な講義も用意
・通院同行、主治医との状況共有、医師による就職許可の確認を行うので安心して訓練ができます。

ココルポート

・2022年度の就職者数は、ココルポート全体で709名、累計で3,258名
・週2日程度の通所からスタートOK!
・555種類以上のプログラムから、興味のあるものを選択可
・希望に応じて通院同行も可

「障害と共に歩む仕事人生」の始まり:転職の第一歩

以前はできたことが、障害のせいで難しく感じられ、周囲との比較で自分に自信を持てなくなることがあります。そんな瞬間、何もかも諦めてしまいたくなることもあるでしょう。

しかし、その気持ちは誰にでも訪れるものです。

ここで大切なのは、「自分を受け入れること」です。

他の人々と同じようにできなくても構いません。むしろ、自分ができることとできないことを明確にし、これからの人生を新たな視点で歩むことが大切なのです。

周りの人々も、職場も、世界も変化することはあります。それを受け入れ、自分の強みを見つけ、新たなステージに向かって進む準備をしましょう。

仕事での成功への階段で最初に知るべきこと

障害を抱えた方が就職活動や仕事遂行に取り組む際には、多くのハードルが立ち塞がります。面接、履歴書の書き方、パソコンスキルなど、さまざまな課題が待ち受けます。

しかし、これらの課題の中で、一番重要な要素は何だと思いますか?

それは、「健康管理」「体調管理」「病気の管理」、つまり、身体と心のコントロール力です。

このコントロール力が身についていないと、どれだけスキルを磨いても、就職活動を乗り越えることは難しく、できたとしても、長続きしづらいでしょう。

ほとんどの就労移行支援事業所が、最初のステップとして「心身のコントロール力」を重要視しています。

自己管理の重要性について考えてみましょう。

持続可能なキャリアを築く秘訣

「心身のコントロール力」が身についたら、次は自分自身の適性や向き不向きを理解することが非常に重要です。

古くから「好きこそ物の上手なれ」と言われています。たとえ障害があっても、自分が好きなことに取り組むことは長続きし、継続したいと思うはずです。

したがって、自分の趣味や好み、得意分野を把握し、それに基づいて就職活動を進めることが成功の秘訣です。

好きなことがまだ見つからないという方もいます。そうした場合、何をすれば長く続けられるかを考えることも重要です。

自分自身の適性を探求し、持続可能なキャリアを築くための第一歩を踏み出してみましょう。

精神的な健康を維持しながら仕事を続ける方法

心身の健康を保ちながら仕事に取り組むことは、単独で行うのは非常に難しいことかもしれません。

身体的な健康だけでなく、精神的な健康も大切です。時にはメンタルの不調が肉体的な問題以上に難しいこともあるでしょう。

こうした状況に直面したとき、誰かがあなたのそばにいて支えてくれると、悩みが軽減され、不思議なほど回復の道が開けることがあります。

特に障害を抱えながら仕事を続ける場合、共に歩む相手が欠かせません。もちろん、家族のサポートは大切ですが、さらに何事にも相談できる理解のある友人や信頼できる同僚がいると、困難な状況を乗り越えやすくなるでしょう。

精神的な健康を守りながら仕事を続けていくために、身近な人々の支えと共感が不可欠です。

長期的で安定した仕事を求めるなら、就労移行支援が最適

障害者のために提供される様々な福祉サービスが存在しますが、仕事を長期間安定して続けるためには、就労移行支援が最も適していると言えるでしょう。

まず、就職活動の段階から、就労移行支援は非常に頻繁にサポートを提供します。これは、週に一度や月に一度のようなスケジュールではなく、毎日のようにコミュニケーションやサポートが受けられることを意味します。

採用に必要なスキルの向上、心身の相談、面接の準備など、ほぼ毎日専門家と共に行動し、トレーニングを受ける機会があります。この密接なサポートは、就職活動において非常に有益です。

また、一度就職してからも、定期的な面談や電話、メールを通じて相談できる仕組みが提供されます。これにより、安定した仕事を続けるためのサポートが続き、必要なときに専門家のアドバイスを受けることができます。

就職後も長期的な安定を求めるなら、就労移行支援は非常に有用なサービスです。

他の人のストーリーがあなたの勇気の源に

将来、安定した仕事を求めているのであれば、ぜひ就労移行支援事業所での体験談を読んでみてください。障害の程度は人それぞれ異なりますが、必ずあなたと似た経験をした人がいます。

その人たちがどのように日々の生活を過ごし、どのように困難を乗り越えてきたのか、それを知ることは非常に励みになるでしょう。

さらに、あなたの経験も将来、誰かの勇気の源になるかもしれません。自分が経験したことや克服した困難を、同じような状況にある人たちと共有することで、彼らに力を与えることができます。

あなたのストーリーが他の人の希望となり、共感を呼び起こすことは非常に価値のあることです。ぜひ、あなたの経験をシェアして、多くの人に勇気と希望を提供してください。

就労移行支援事業所の選び方

就労移行支援事業所は全国に3000以上もあり、都道府県別で考えても大変な数です。全てを調べることは出来ませんが、現役の就労支援員の立場から以下のアドバイスがあります。

・規模が大きいこと
・運営歴が長いこと
・毎年の就職者数を開示していること
・在宅訓練に対応しているかどうか

規模が大きいこと

企業規模が大きいと、それだけ使える予算が潤沢にあります。プログラムの開発や人材育成、設備投資などあらゆる面で有利です。また全国経営している事業所は全国の事業所から情報が入りますから、ノウハウの量が違います。

運営歴が長いこと

運営歴が長いと、それだけ就職者の数も多いということです。就職先のコネクションも豊富ですし、人脈も豊富になります。ですので、出来るだけ長く経営している事業所をチェックしましょう。

毎年の就職者数を開示していること

事業所によっては、就職者と定着率を開示しているところと、していないところがあります。当然、開示している事業所の方が信頼できます。

在宅訓練に対応しているかどうか

就労移行支援事業所では在宅訓練に対応している事業所とそうでない事業所があります。しっかりと確認するようにして下さい。

これらの条件が満たされた事業所の資料を請求し、見学して下さい。見学されたあとは、スタッフの対応や施設の中を細かくチェックします。同時に2か所以上を見学、比較されるのもいいでしょう。

最後までお読みいただいた方へ

将来のことを考えると色々と不安になりますよね。でも、大丈夫ですよ。しっかりと就労移行の訓練と準備を行えば、自分の強みを活かした就職先が必ず見つかります。

障害や就職について、お悩みがある方は是非一度、各就労移行支援事業所までご相談下さい。

ウェルビー
welbe

・就労移行支援業界の大手!
・事業所エリア数 30、事業所108センターと最も多く展開しています。
・2022年度 就職者数973名、半年定着率 91.3%という驚異的な数字です。

ミラトレ

・就職率は全事業所で85%(全国平均53%)、定着率は90%
・臨床心理士や精神福祉士による専門的な講義も用意
・通院同行、主治医との状況共有、医師による就職許可の確認を行うので安心して訓練ができます。

ココルポート

・2022年度の就職者数は、ココルポート全体で709名、累計で3,258名
・週2日程度の通所からスタートOK!
・555種類以上のプログラムから、興味のあるものを選択可
・希望に応じて通院同行も可