『Neuro Dive (ニューロダイブ)横浜』ってどう? 評判・口コミ・利用料金などの基本情報【神奈川県横浜市神奈川区の就労移行支援】

※このサイトにはプロモーションが含まれています。

Neuro Dive 横浜_トップ画像出典:公式ページ

就労移行支援事業所『Neuro Dive 横浜』ってどんなところなんだろう?

・どんな支援をやってくれるんだろう?
・本当に就職できるの?

こうした疑問をお持ちではないですか?

このページでは、『Neuro Dive 横浜』の最新のデータから、実際に利用した人の口コミ、評判などをまとめていますので、是非参考にして下さい。


このページをご覧のあなたは、『働きたい。けど、働けない・・・。』 このような悩みをお持ちではないでしょうか?『働けない』と思うことは、悪いことではないですし、あなたの努力不足でもありません。自分の思いだけが先行し、少し立ち止まっているだけです。

必ず、あなたに合った仕事や職場が見つかります。決してあせらず、さまざまな可能性を考えながら自分にできる仕事、職場を一緒にさがして行きましょう。

就労移行支援事業所は、事業所の雰囲気、スタッフの様子、支援内容など特徴がそれぞれ違います。

実際の事業所を比較検討されることで、あなたに合った事業所を見つけることができます。

『Neuro Dive (ニューロダイブ)横浜』のWeb説明会に参加され、ベストな事業所を選んでくださいね♪
無料のWEB説明会に参加する

『Neuro Dive 横浜』はどんなところ?

Neuro Dive 横浜_画像2出典:公式ページ

『Neuro Dive 横浜』は、2021年にオープンして以来、多くの利用者の就職活動をサポートしてきました。場所は、横浜駅徒歩5分の利便性の良いところにあります。

精神障害、発達障害を抱えた方を対象としており、AIや機械学習といった専門スキルを身につけることができます。

『Neuro Dive 横浜』ならではの支援

『Neuro Dive 横浜』は、IT分野でのキャリアを目指す方に最適な学習環境を提供しています。ここでは、2030年までに最大79万人が不足すると予測されるIT人材の中でも、特に需要が高いAI・機械学習・データサイエンスといった先端ITスキルを学ぶことができます。

PythonやR、SQLなどを用いた実践的なスキルを現役のデータサイエンティストからのサポートを受けながら学べるため、即戦力としての力を身につけることができます。

また、PERSOLグループのノウハウと独自の求人を活かし、企業実習や就職活動のサポートも充実しており、高年収の就職事例も多くあります。職場で長期間活躍するためのビジネススキルも、自己理解やコミュニケーション、プレゼンテーションなどの講座を通じて習得できます。

学習にはオンラインプラットフォームUdemy Businessを活用し、エキスパートが厳選したカリキュラムを提供するため、効率的に学べます。さらに、IT支援員による個別フォローがあり、学習やキャリアに関する相談も随時受け付けています。また、PCの貸し出しサポートもあり、利用期間中は無料でPCを使用できるため、ITスキルの習得に専念できます。

就労移行支援【Neuro Dive】のWEB説明会はこちら

『Neuro Dive 横浜』の評判・口コミ

5.0
Google maps

『Neuro Dive 横浜』の基本情報

利用定員 20人
事業所の特色 駅徒歩10分以内 / バス停徒歩10分以内 / エレベータ設置 / 職場実習 / 面接同行 / 書類添削 / 今すぐ利用可 / 体験利用可
プログラム提供時間 月火水木金 10時~16時
土日祝  休日
住所 〒221-0056 神奈川県横浜市神奈川区金港町6番18 アーバンスクエア2 8階
TEL 045-620-4728
FAX 045-620-4729

『Neuro Dive 横浜』の就職実績はどう?

『Neuro Dive 横浜』の就職者数は現在、開示されておりません。わかり次第、こちらに記載致します。

『Neuro Dive 横浜』の就職者数

年度 就職者数
2022
バタやん
バタやん

就労移行支援事業所は就職者数定着率を指標にされますが、これから就労移行支援を利用される皆さんは、就職者数を重視するようにしましょう。

みっくん
みっくん

就労移行支援事業所の多くが定員を20名としており、そのうちどれだけの人が就職できたかわかります。就職者数は、就労移行支援事業所の『実力』とも言えます。

定着率はほとんどの事業所で高いパーセンテージを示す傾向にあります。

これは就職までの段階で自分の適性を知り、自分に合う職場を見つけた結果、長期的な就労が可能になるからです。

主な職種

事務、情報通信・IT

主な業種

卸売・小売業、倉庫・物流業、製造業、情報通信業、電気ガス水道業、金融・不動産業、その他

就労移行支援【Neuro Dive】のWEB説明会はこちら

就労移行支援事業所の利用料金

就労移行支援の利用料金は自己負担となっており、前年の世帯収入により以下の3パターンになっています。

・無料
・9,300円
・37,200円

世帯収入とは、本人と配偶者の金額の合計になります。親の収入は含まれません。

自己負担の上限金額(月額)については下の表の通りになります。

世帯の収入状況 負担上限月額
生活保護 生活保護受給世帯 0円
低所得 市町村民税非課税世帯(※1) 0円
一般1 市町村民税課税世帯(所得割16万円(※2)未満)
※入所施設利用者(20歳以上)、グループホーム、ケアホーム利用者を除きます(※3)
9,300円
一般2 上記以外 37,200円

(※1) 3人世帯で障害者基礎年金1級受給の場合、収入が概ね300万円以下の世帯が対象となります。
(※2) 収入が概ね600万円以下の世帯が対象になります。
(※3) 入所施設利用者(20歳以上)、グループホーム、ケアホーム利用者は、市町村民税課税世帯の場合、「一般2」となります。

※その他条件によっては減免される場合がありますので、詳しくはお住いの市町村窓口にお問い合わせ下さい。

参照元:厚生労働省

『Neuro Dive 横浜』へのアクセス

最後までお読みいただいた方へ

将来のことを考えると色々と不安になりますよね。でも、大丈夫ですよ。しっかりと就労移行の訓練と準備を行えば、自分の強みを活かした就職先が必ず見つかります。

障害や就職について、お悩みがある方は是非一度、『Neuro Dive (ニューロダイブ)横浜』までご相談下さい。
無料のWEB説明会に参加する