障害の影響で仕事が覚えられない人へ ~将来のキャリアに役立つポイント

※このサイトにはプロモーションが含まれています。

障害 仕事 覚えられない

新しい仕事を始める際、多くの人が共通の壁にぶつかります。その壁とは、『仕事を覚える』という課題です。

1発で覚えることもあれば、何度も試行してもなかなか覚えられない場合もあります。この課題は健常者にとっても一般的で、障害を抱える人にとっては、さらに困難を伴うことがあります。

このページでは、『仕事を覚えられない』という課題に立ち向かう障害者の方々を対象に、将来のキャリアで役立つ情報を提供しています。

就労移行支援をお探しの方へ  

このページをご覧のあなたは、『働きたい。けど、働けない』 このような悩みをお持ちではないでしょうか?

『働けない』と思うことは、悪いことではないですし、あなたの努力不足でもありません。自分の思いだけが先行し、少し立ち止まっているだけです。

必ず、あなたに合った仕事や職場が見つかります。決してあせらず、さまざまな可能性を考えながら自分にできる仕事、職場を一緒にさがして行きましょう。

就労移行支援事業所は、事業所の雰囲気、スタッフの様子、支援内容など特徴がそれぞれ違います。

1つの事業所だけでなく複数の事業所を比較検討されることで、あなたに合った事業所を見つけることができます。

ここでは代表的な就労移行支援をご紹介します。

こちらの事業所を比較検討され、ベストな事業所を選んでくださいね♪

ウェルビー
welbe

・就労移行支援業界の大手!
・事業所エリア数 30、事業所108センターと最も多く展開しています。
・2022年度 就職者数973名、半年定着率 91.3%という驚異的な数字です。

ミラトレ

・就職率は全事業所で85%(全国平均53%)、定着率は90%
・臨床心理士や精神福祉士による専門的な講義も用意
・通院同行、主治医との状況共有、医師による就職許可の確認を行うので安心して訓練ができます。

ココルポート

・2022年度の就職者数は、ココルポート全体で709名、累計で3,258名
・週2日程度の通所からスタートOK!
・555種類以上のプログラムから、興味のあるものを選択可
・希望に応じて通院同行も可

障害者雇用の挑戦:「仕事」での学びと「趣味」での輝き

障害者雇用の事例をご紹介します。ある事務職に採用された障害者の方が、仕事を覚えることに苦労して相談に訪れました。

一方、彼はプライベートではパソコンゲームの達人で、高度なスキルを持っていました。なぜ、仕事での学びが難しいのか、その背後にあるポイントを明らかにしてみましょう。

自己理解が成功の鍵:自分の向き不向きを知る重要性

前述の事例からも明らかなように、自分の情熱が向いていることに取り組むと、驚くほどのエネルギーが湧き上がります。逆に、関心のないことにはエネルギーを注ぐことが難しく、むしろエネルギーを温存しようとしてしまうことがあります。

採用された会社や職種が自身の興味を引くものであれば、自然と行動力が湧いてきます。しかし、適性を無視して仕事を選んでしまうと、数週間または数か月で仕事を辞めたくなることが多いのは障害者に限らず、健常者も同じです。

自己理解が成功へのカギです。自分の向き不向きを見極め、仕事を選ぶ際にそれを活かすことが、長期的な満足と成果につながるのです。

仕事において完璧は存在しないが、自己理解と選択肢の最適化で幸福を見つける

自分に合った仕事を見つけることは重要ですが、100%合う仕事は存在しません。どんな仕事にも好き嫌いがあるものです。

しかし、自己理解と企業調査に基づいて就職すると、自身に合わない仕事の可能性を減らすことができます。それでも、時には嫌な部分が出てくるでしょう。

このような場合、重要なのは嫌な感情にフォーカスせず、ポジティブな側面に注力することです。嫌な部分に対する訓練を行い、仕事全体から幸福を見つけ出す方法について考えてみましょう。

自分の向き不向きが分からないという人へ

自分の向き不向きというものは、実際にその対象をやってみて初めて分かるものです。 しかし、就職してしまうと、『向き不向き』をわからず働き出してしまうので、色々な課題が出てきます。就職前に知っておかなければなりません。

そのような疑似職場体験のようなことが出来るのが、『就労移行支援事業所』になります。

就労移行支援事業所は、利用者の健康管理、パソコンのスキルアップ、企業訪問、就職準備と就職に関するあらゆるプログラムが用意されています。また、就職後も定期的な面談等を通じで安定した長期就労を目指します。

この段階で、『仕事が覚えられない』という状況を経験し、その対処方法を学ぶことが出来るのです。こうした経験をしていると、実際に働き出してからも応用が利くようになります。

それでも、出来ない場合には、相談員に助けてもらう事も十分可能です。

仕事が覚えられない人への具体的なアドバイス

まず、何が原因なのかを把握するようにしましょう。

①指示内容は完全に理解していますか?
②環境はどうですか? ex.音や空間などで気が散る
③出来ないことは、キチンと出来ないと伝えられていますか?

上記の例以外にも、一人ひとりの原因が存在するはずです。仕事が覚えられない原因を先ず把握し、それを取り除くことが最初の一歩になります。

いきなりは出来ませんから、少しづつ改善していけば、必ず覚えられるようになります。

こうしたアドバイスも就労移行支援事業所を経て就職すると、支援員から具体的なアドバイスがもらえます。是非、一度、お近くの就労移行支援事業所を訪ねて見て下さい。

就労移行支援事業所の選び方

就労移行支援事業所は全国に3000以上もあり、都道府県別で考えても大変な数です。全てを調べることは出来ませんが、現役の就労支援員の立場から以下のアドバイスがあります。

・規模が大きいこと
・運営歴が長いこと
・毎年の就職者数を開示していること
・在宅訓練に対応しているかどうか

規模が大きいこと

企業規模が大きいと、それだけ使える予算が潤沢にあります。プログラムの開発や人材育成、設備投資などあらゆる面で有利です。また全国経営している事業所は全国の事業所から情報が入りますから、ノウハウの量が違います。

運営歴が長いこと

運営歴が長いと、それだけ就職者の数も多いということです。就職先のコネクションも豊富ですし、人脈も豊富になります。ですので、出来るだけ長く経営している事業所をチェックしましょう。

毎年の就職者数を開示していること

事業所によっては、就職者と定着率を開示しているところと、していないところがあります。当然、開示している事業所の方が信頼できます。

在宅訓練に対応しているかどうか

就労移行支援事業所では在宅訓練に対応している事業所とそうでない事業所があります。しっかりと確認するようにして下さい。

これらの条件が満たされた事業所の資料を請求し、見学して下さい。見学されたあとは、スタッフの対応や施設の中を細かくチェックします。同時に2か所以上を見学、比較されるのもいいでしょう。

最後までお読みいただいた方へ

将来のことを考えると色々と不安になりますよね。でも、大丈夫ですよ。しっかりと就労移行の訓練と準備を行えば、自分の強みを活かした就職先が必ず見つかります。

障害や就職について、お悩みがある方は是非一度、各就労移行支援事業所までご相談下さい。

ウェルビー
welbe

・就労移行支援業界の大手!
・事業所エリア数 30、事業所108センターと最も多く展開しています。
・2022年度 就職者数973名、半年定着率 91.3%という驚異的な数字です。

ミラトレ

・就職率は全事業所で85%(全国平均53%)、定着率は90%
・臨床心理士や精神福祉士による専門的な講義も用意
・通院同行、主治医との状況共有、医師による就職許可の確認を行うので安心して訓練ができます。

ココルポート

・2022年度の就職者数は、ココルポート全体で709名、累計で3,258名
・週2日程度の通所からスタートOK!
・555種類以上のプログラムから、興味のあるものを選択可
・希望に応じて通院同行も可