障害者のための求人探し:成功へのステップバイステップガイド

※このサイトにはプロモーションが含まれています。

障害者 求人探し
障害を持つ人々にとって、適切な職を見つけることは、自立と生活の質の向上に不可欠です。しかし、残念ながら、障害者の雇用にはまだ多くの課題が存在します。

このページでは、障害者のための求人探しの重要性について深く掘り下げます。

就労移行支援をお探しの方へ  

このページをご覧のあなたは、『働きたい。けど、働けない・・・。』 このような悩みをお持ちではないでしょうか?

『働けない』と思うことは、悪いことではないですし、あなたの努力不足でもありません。自分の思いだけが先行し、少し立ち止まっているだけです。

必ず、あなたに合った仕事や職場が見つかります。決してあせらず、さまざまな可能性を考えながら自分にできる仕事、職場を一緒にさがして行きましょう。

就労移行支援事業所は、事業所の雰囲気、スタッフの様子、支援内容など特徴がそれぞれ違います。

1つの事業所だけでなく複数の事業所を比較検討されることで、あなたに合った事業所を見つけることができます。

ここでは代表的な就労移行支援事業所をご紹介します。こちらの事業所を比較検討され、ベストな事業所を選んでくださいね♪

ウェルビー
welbe

・就労移行支援業界の大手!
・事業所エリア数 30、事業所108センターと最も多く展開しています。
・2022年度 就職者数973名、半年定着率 91.3%という驚異的な数字です。

ミラトレ

・就職率は全事業所で85%(全国平均53%)、定着率は90%
・臨床心理士や精神福祉士による専門的な講義も用意
・通院同行、主治医との状況共有、医師による就職許可の確認を行うので安心して訓練ができます。

ココルポート

・2022年度の就職者数は、ココルポート全体で709名、累計で3,258名
・週2日程度の通所からスタートOK!
・555種類以上のプログラムから、興味のあるものを選択可
・希望に応じて通院同行も可

障害者が職を得ることで得られる利点

障害者が職を得ることには、利点がたくさんあります。まず第一に、仕事を持つことで日常の中でやりがいや目標が生まれます。これにより、自分の価値を再確認し、精神面、健康面が向上することが期待できます。

仕事は新たな挑戦や責任を通じて成長する機会でもあります。これによって、障害を抱える人々が自分の能力に挑戦し、それを克服する手段となります。また、経済的な自立は不安感を軽減し、生活の充実度を高めることができます。

職場での人間関係も大きな利点です。仕事を通じて新しい友達や支え合える仲間ができ、労働環境が心地よくなります。これによって、孤立感や社会的な孤独が軽減されます。

最後に、障害者の雇用は多様性を尊重する社会を築く一環となります。異なるバックグラウンドや経験を持つ人々が共に働くことで、職場全体が柔軟性や創造性を備え、持続可能な発展を促進することができます。

障害者が直面する雇用の課題

障害者が仕事を見つける際に直面する難しさはいくつかあります。まず、他の人たちが理解していないことや先入観が、障害者の実力を適切に評価してくれないことがあります。これが理由で、仕事を見つけるのが難しくなることがあります。

それに加えて、職場の環境が障害者にとって働きやすいか?ということも重要です。例えば、施設や配慮が十分でない場合、必要なサポートが得られないかもしれません。そして、障害者が必要なスキルや知識を身につけるための教育やトレーニングも不足していることがあります。

適切な職を見つけるための重要なこと

障害者のための求人探しを成功させるための具体的なステップは次の通りです。

・自分のスキルと企業が求めるスキルの差を知ること
・適切な求人情報を見つけるためネットや専門の施設を活用すること

自分のスキルと企業が求めるスキルの差を知ること

先ず、自分の出来ること、好きなことが仕事に活かせないかを考えます。出来ることや好きなことがない場合は、どんな仕事だったら長くできるのかを掘り下げていきます。

自分のスキルと企業側が求めるスキルに乖離がある場合は、当然にレベルアップが必要になります。障害者雇用にも様々な職種がありますから、それに応じてスキルアップの手段を選んでいきます。

専門的なスキルの前にオーソドックスなスキルは足りているのか? 漏れはないのか? などチェックして下さい。

次に、それらの情報源がどこにあるのか?、どのように参加できるのか? をリサーチし、どうすれば希望の仕事につなげられるのかを考えていきます。

適切な求人情報を見つけるための『ネットや専門の施設』

障害者が適切な求人情報を見つけるため次に挙げる情報媒体を利用します。

就労移行支援事業所: 就労移行支援事業所は、直接の求人紹介は行いません。就職のためのスキルアップや、体調面の調整など中心に行っている福祉サービスです。ただし、利用者と一緒になって求人を探したり、履歴書や職務経歴書の訂正、加筆など、利用者とスタッフが二人三脚で就職活動を行っていきます。

自分一人では、就職活動は難しいと考えている人にとっては一番適したサービスと言えます。

求人サイト: 求人サイトは、企業が求めるスキルを十分に備えているか、または就労移行支援を受けた経歴のある方々にとって、個人での就職活動が可能なプラットフォームです。その中でも是非、活用してほしいのが、障害者に特化したオンライン求人サイトです。

障害者に特化したオンライン求人サイトは、障害者向けのフィルターや検索オプションを提供しており、特定の障害に対する配慮がある企業や求人を見つけやすくなります。

また、障害者専門のエージェントからアドバイスや書類作成のサポートもある会社もありますので、エージェントの利用をされると一層、採用の確率が高まります。

企業の採用ページ: 多くの企業は公式ウェブサイトで採用ページを公開しており、障害者への配慮や雇用に関する情報が記載されています。これらの情報を基に、障害者が自身に適した企業を見つける手助けとなります。

あなたにとって最適な労働条件、お給料、福利厚生など、複数の企業を見比べるようにしてください。

ハローワーク: ハローワークは、地域に特化した障害者雇用を実施している企業を探すのに最適です。また、都道府県で開催される雇用イベントやジョブフェアに参加することも有益です。直接企業と対話し、雇用機会について情報を得ることができます。

これらの情報源を活用することで、障害者は自分に適した求人情報を見つけ、就職活動をより効果的に進めることができます。

障害者向けのオンライン求人サイトについて

私がオススメする【障害者雇用バンク】は、非公開求人のご提案、面接対策、履歴書添削、就職後のフォローが在宅のままスマートフォンだけで行なえます。是非、お試しください♪

業界最大級の障害者向け求人サイト 障害者雇用バンクはこちら

面接について

面接は、就職活動のプロセスの中で最も重要な部分の一つです。これは、雇用者があなたのスキルと適性を評価する機会であり、あなたが自分自身を最良に表現する機会でもあります。

まず、面接の前に自分自身を理解し、自分のスキルと適性がマッチしているのかチェックします。これには、自分の障害を理解し、それがどのように自分の能力に影響を与えるかを理解することが含まれます。

次に、面接の際に障害をどのように説明するかについてまとめておきます。これには、自分の障害を適切に表現する方法、そして雇用者が障害を理解し、受け入れるのを助ける方法が含まれます。

面接の準備は、障害者が自分の能力を最大限に活用し、適切な職を見つけるための重要なステップです。面接の流れをより理解し、成功に向けた具体的なステップを組み立てて下さい。

障害者が就職後に考えていくこと

職を得ることは一つの目標ですが、それだけでは十分ではありません。障害者が職場で成功するためには、周りの支援や配慮が必要となります。長く就労を目指すなら、障害者雇用に精通した専門家のサポートが必ず必要になります。

障がい者総合支援法にもとづく障がい福祉サービスのひとつに『就労定着支援』という制度があります。これは、一般就労している障がいのある方に対して、雇用に伴い生じる日常生活や社会生活上の課題解決に向けた支援をするものです。

ただし、『就労定着支援』を利用するには生活介護、自立訓練、就労移行支援、就労継続支援の事業利用を経て、一般就労をしていることが前提となっています。

一番のおススメのルートは『就労移行支援』から『就労定着支援』という流れです。将来、安定して働きたいと考えている人は、『就労移行支援』を経由し、『就労定着支援』を利用するようにしてください。

就労移行支援の選び方

就労移行支援は全国に3000以上もあり、都道府県別で考えても大変な数です。全てを調べることは出来ませんが、現役の就労支援員の立場から以下のアドバイスがあります。

・規模が大きいこと
・運営歴が長いこと
・毎年の就職者数を開示していること
・在宅訓練に対応しているかどうか

規模が大きいこと

企業規模が大きいと、それだけ使える予算が潤沢にあります。プログラムの開発や人材育成、設備投資などあらゆる面で有利です。また全国経営している事業所は全国の事業所から情報が入りますから、ノウハウの量が違います。

運営歴が長いこと

運営歴が長いと、それだけ就職者の数も多いということです。就職先のコネクションも人脈も豊富になります。ですので、出来るだけ長く経営している事業所をチェックしましょう。

毎年の就職者数を開示していること

事業所によっては、就職者と定着率を開示しているところと、していないところがあります。当然、開示している事業所の方が信頼できます。

在宅訓練に対応しているかどうか

就労移行支援では在宅訓練に対応している事業所とそうでない事業所があります。しっかりと確認するようにして下さい。

これらの条件が満たされた事業所の資料を請求し、見学して下さい。見学されたあとは、スタッフの対応や施設の中を細かくチェックします。同時に2か所以上を見学、比較されるのもいいでしょう。

最後までお読みいただいた方へ

将来のことを考えると色々と不安になりますよね。でも、大丈夫ですよ。しっかりと就労移行の訓練と準備を行えば、自分の強みを活かした就職先が必ず見つかります。

障害や就職について、お悩みがある方は是非一度、各就労移行支援事業所までご相談下さい。

ウェルビー
welbe

・就労移行支援業界の大手!
・事業所エリア数 30、事業所108センターと最も多く展開しています。
・2022年度 就職者数973名、半年定着率 91.3%という驚異的な数字です。

ミラトレ

・就職率は全事業所で85%(全国平均53%)、定着率は90%
・臨床心理士や精神福祉士による専門的な講義も用意
・通院同行、主治医との状況共有、医師による就職許可の確認を行うので安心して訓練ができます。

ココルポート

・2022年度の就職者数は、ココルポート全体で709名、累計で3,258名
・週2日程度の通所からスタートOK!
・555種類以上のプログラムから、興味のあるものを選択可
・希望に応じて通院同行も可