障害の影響で仕事の段取りが難しい人へ

※このサイトにはプロモーションが含まれています。

障害 仕事の段取りが難しい

仕事をしていると、どんな人でもミスを犯します。ミスをすることで、『段取りが悪い』『要領が悪い』などの思いから、そこから学び、次に活かそうとするのですが、特定の障害を持つ人は、何度も同じミスを繰り返すという特性があります。

障害と診断される前は、他人と比較し、自分を責めるような行動をする人もいます。でも、安心して下さい。このミスは減らせますし、さらにあなたに合う仕事が必ず見つかります。

この記事を読むことで、障害を持つ人々が自分自身を受け入れ、仕事の段取りを向上させる方法を見つける手助けになることでしょう。

就労移行支援をお探しの方へ  
このページをご覧のあなたは、『働きたい。けど、働けない・・・。』 このような悩みをお持ちではないでしょうか?

『働けない』と思うことは、悪いことではないですし、あなたの努力不足でもありません。自分の思いだけが先行し、少し立ち止まっているだけです。

必ず、あなたに合った仕事や職場が見つかります。決してあせらず、さまざまな可能性を考えながら自分にできる仕事、職場を一緒にさがして行きましょう。

就労移行支援事業所は、事業所によって訓練の雰囲気、スタッフの様子、支援内容など、それぞれ特徴が違います。

1つの事業所だけでなく複数の事業所を比較検討されることで、あなたに合った事業所を見つけることができます。

ここでは代表的な就労移行支援事業所をご紹介します。こちらの事業所を比較検討され、ベストな事業所を選んでくださいね♪

ウェルビー
welbe

・就労移行支援業界の大手!
・事業所エリア数 30、事業所108センターと最も多く展開しています。
・2022年度 就職者数973名、半年定着率 91.3%という驚異的な数字です。

ミラトレ

・就職率は全事業所で85%(全国平均53%)、定着率は90%
・臨床心理士や精神福祉士による専門的な講義も用意
・通院同行、主治医との状況共有、医師による就職許可の確認を行うので安心して訓練ができます。

ココルポート

・2022年度の就職者数は、ココルポート全体で709名、累計で3,258名
・週2日程度の通所からスタートOK!
・555種類以上のプログラムから、興味のあるものを選択可
・希望に応じて通院同行も可

仕事の段取りを克服する前に、自分の特性を知ろう

あなたの仕事のミスとはどんなミスでしょうか?また、ミスをしないものはどんなものですか?

ミスの例:
指示された仕事が時間がかかって出来ない。
自分なりのやり方にこだわって、間違ってしまう。
不注意で、ある工程が抜けていた。

ミスをしない状況:
この作業は好きではないけど、集中して出来る。
この環境のときは、気持ちが乗ってくる。
人がいないとはかどる。

このようにミスが多いとされている人も、内容と環境が変われば、十分に成果を出すことが出来ます。あなたの場合、どのような特性や状況で最も効果的に仕事ができると感じますか?

情熱がミスを乗り越える力となる

仕事において、ミスは避けられないものです。しかし、そのミスに対するアプローチは、私たちが何に情熱を抱いているかに大きく左右されることがあります。

ミスを犯したとき、その仕事が私たちにとってどれだけ重要で、情熱を感じているかが、次にどう進むかを決定づけます。

もし好きなことが仕事だった場合、ミスは単なる試行錯誤の一環として受け止めることができます。むしろ、ミスから学び、改善することが楽しみであり、新たなチャレンジに取り組む原動力となります。この情熱が、ミスに対する気持ちを「もっと、もっとやりたい」という前向きなものに変えるのです。

自分自身の特性や情熱を理解することは、成功への鍵となります。好きなことが何かを知り、それを仕事に結びつける方法を模索してみましょう。もしかしたら、あなたの情熱がミスを乗り越える力となり、充実したキャリアを築く手助けになるかもしれません。

このアプローチを通じて、ミスに対する新しい視点を得て、情熱を追求することが仕事の充実度を高める一歩となるでしょう。

好きなことが見つからないという人へ

自分には趣味もなく、大して好きなものもないという人もいるでしょう。そうした人は上記で示した『ミスをしない状況』の中から仕事を見つけて行けば大丈夫です。

この作業は好きではないけど、集中してできる。
仕事自体が大好きでなくても、自分の集中力を発揮できる瞬間があるかもしれません。その瞬間を見つけることが重要です。

この環境のときは、気持ちが乗ってくる。
ある特定の環境や条件下では、仕事へのモチベーションが高まることがあります。それを利用して適切な仕事を見つけましょう。

人がいないとはかどる。
人との関わりが少ない仕事が、ミスを減らす要因となるかもしれません。孤独を好む人にとって、この条件は重要かもしれません。

こうした状況を提供している企業や職場は存在します。じっくりと探し、自身の特性や好みに合った仕事を見つける努力をしてみてください。自分に合った環境で働くことは、ミスを減らし、仕事を充実させる一歩となるでしょう。どんな状況でも、希望を捨てずに前進しましょう。

一人で探すのが不安な人へ

自分に向いている仕事を見つけることは、確かに労力を要する作業です。しかし、自分一人では難しいと感じる方々には、心強い選択肢があります。それは、障害福祉サービスの利用です。

特に、就労に焦点を当てた『就労移行支援』は、その中でもおすすめできるサービスです。

就労移行支援を受けるには、一定の条件が必要ですが、その利点も多く存在します。このサービスを活用することで、自分の適性を活かす会社を見つけるための抜群の環境が整います。

具体的な条件やサービス内容を詳しくご紹介しましょう。

専門的なサポート:就労移行支援では、経験豊富な専門家があなたのニーズに合わせたキャリアプランを策定し、サポートしてくれます。どのような仕事が合うかを明確にするための指導が含まれます。

職場への調整:適した職場環境や条件を見つけるための支援も行われます。あなたの特性や要望に合致した職場を見つけやすくなります。

トレーニングとスキルの向上:必要なスキルや能力を磨くためのトレーニングプログラムも提供されます。自己成長を促し、自信を高めるのに役立ちます。

不安を抱えながら仕事を探す必要はありません。障害福祉サービスの一環として提供される就労移行支援は、あなたの将来のキャリアに向けた貴重な手助けとなることでしょう。自分自身の可能性を最大限に引き出すために、このサービスを活用してみてください。

就労移行支援事業所の選び方

就労移行支援事業所は全国に3000以上もあり、都道府県別で考えても大変な数です。全てを調べることは出来ませんが、現役の就労支援員の立場から以下のアドバイスがあります。

・規模が大きいこと
・運営歴が長いこと
・毎年の就職者数を開示していること
・在宅訓練に対応しているかどうか

規模が大きいこと

企業規模が大きいと、それだけ使える予算が潤沢にあります。プログラムの開発や人材育成、設備投資などあらゆる面で有利です。また全国経営している事業所は全国の事業所から情報が入りますから、ノウハウの量が違います。

運営歴が長いこと

運営歴が長いと、それだけ就職者の数も多いということです。就職先のコネクションも豊富ですし、人脈も豊富になります。ですので、出来るだけ長く経営している事業所をチェックしましょう。

毎年の就職者数を開示していること

事業所によっては、就職者と定着率を開示しているところと、していないところがあります。当然、開示している事業所の方が信頼できます。

在宅訓練に対応しているかどうか

就労移行支援事業所では在宅訓練に対応している事業所とそうでない事業所があります。しっかりと確認するようにして下さい。

これらの条件が満たされた事業所の資料を請求し、見学して下さい。見学されたあとは、スタッフの対応や施設の中を細かくチェックします。同時に2か所以上を見学、比較されるのもいいでしょう。

最後までお読みいただいた方へ

将来のことを考えると色々と不安になりますよね。でも、大丈夫ですよ。しっかりと就労移行の訓練と準備を行えば、自分の強みを活かした就職先が必ず見つかります。

障害や就職について、お悩みがある方は是非一度、各就労移行支援事業所までご相談下さい。

ウェルビー
welbe

・就労移行支援業界の大手!
・事業所エリア数 30、事業所108センターと最も多く展開しています。
・2022年度 就職者数973名、半年定着率 91.3%という驚異的な数字です。

ミラトレ

・就職率は全事業所で85%(全国平均53%)、定着率は90%
・臨床心理士や精神福祉士による専門的な講義も用意
・通院同行、主治医との状況共有、医師による就職許可の確認を行うので安心して訓練ができます。

ココルポート

・2022年度の就職者数は、ココルポート全体で709名、累計で3,258名
・週2日程度の通所からスタートOK!
・555種類以上のプログラムから、興味のあるものを選択可
・希望に応じて通院同行も可